妊活サプリですから、安全性が最大のポイントとなります。

最低限チェックしておきたいのが、自然由来の成分(天然原料)なのか、無添加か、安全なGMP認定工場で製造されているのか、さらに放射能や残留農薬などの検査も定期的行なっているか…。

では、「ベジママ」の安全性はどうなのか?

副作用などの含めて、「ベジママ」の安全について調べましたのでお話します。

 

<目次>
1.ベジママの安全性について

2.ベジママ 副作用はどうか?

ベジママの安全性について

では、ベジママの安全性のこだわりについてお話します。

工場ですが、ベジママは独自の工場で生産しています。

品質や安全性を徹底的に管理するため、独自の工場でアイスプラントが生産されているのです。

また、ベジママはGMP認定工場で生産しています

GMP認定工場は原材料の入荷から出荷まで、製造される過程が一定の品質を満たしているかチェックするための製造工程管理基準をクリアーした工場をいいます。

放射能検査も実施しており、ベジママは安全性にこだわったおすすめできる商品です。

さらに、ベジママには、ヨウ素は含まれていなので、橋本病などの甲状腺の疾患でヨウ素が気になる方も安心です。

食品アレルギーのある方は原材料名の確認を忘れずに。

では、妊娠中の安全性はどうか?

次の項でお話します。

ベジママ 妊娠中の安全性

ベジママの全成分をみても分かりますが、「結晶セルロース」や「ステアリン酸Ca」といった添加物が含まれていますが、人工甘味料・香料・着色料・発色剤・漂白剤・膨張剤・苦味料・光沢剤といった添加物は使用されていません。

また、ベジママ自体が医薬品じゃなく、副作用といった成分も見当たらないことから、副作用ということは心配は大丈夫です。

しかし、1日4粒と指定されているのに、1度に大量に摂取すると、成分の過剰摂取となりますので注意しましょう。

妊娠中にホルモンバランスの影響で肌荒れやニキビになる方がおられますが、それはベジママが原因じゃないことを理解しておいてください。

ベジママ 授乳中の安全性

基本的に、授乳中にサプリを使用するのは控えるべきといわれますが、ベジママは、胎児の大脳や神経を構成するために用いられ葉酸が配合されているので摂取することおすすめします。

また、ベジママには、胎児や赤ちゃんはもちろん、お母さんにとっても必要となる成分、ビタミンやミネラルがバランス良く配合されています。

しかし、妊婦さんによっては、どうしても栄養が偏ったり、摂りにくくなったりすることもあります。

そんな時は、まずは医師に相談をした上で使用することをおすすめします。

初回特別60%OFFキャンペーン!「ベジママ」トクトク定期コース 購入はこちら >>

ベジママ 副作用はどうか?

ベジママの副作用に関してですが、口コミでベジママを使用して太ったとか痩せたなど、また、便秘がひどくなったとか下痢が続くなどといった書き込みを見ますが、あれって何の根拠もなく書かれている内容です。

ベジママには、そのような成分は含まれておりませんし、そのような副作用は、異常に摂取したとか、睡眠薬や、ピルなどと併用した可能性も考えられます。

よく妊活サプリと睡眠薬や、ピル、抗けいれん剤、抗てんかん剤、抗がん剤、抗炎症薬等との相性が良くないというといわれます。

間違っても、たぶん大丈夫だろうという勝手な独自判断で薬と併用するのは辞めましょう。

ベジママのみの、適量での使用で副作用が起こることはまずないと考えていいでしょう。




このページの先頭へ