厚生省が推奨している葉酸摂取の量は、女性なら400μg、男性なら240μgと言われています。

ベジママは、1日に葉酸摂取する量が400μgと、厚生省が推奨する量を満たしています。

さらに、ベジママ独自の「ピニトール」という成分をプラスすることで、おめでた効果をさらにアップさせてくれます。

しかし、飲み方を間違えれば効果なし?

そこで、「ベジママ」の基本的な飲み方や、効果を最大限に引き出す方法などについてお話します。

 

<目次>
1.ベジママ 基本的な飲み方

2.ベジママ 効果的な飲み方

3.ベジママ 妊娠超初期の飲み方

4.ベジママ 産後の飲み方

5.ベジママ 体外受精

ベジママ 基本的な飲み方

ベジママの基本的な飲み方って特にないようですが、1つ言えば、ベジママの1日の飲む量が4粒なのですが、一度に4粒飲むより、何回か分けて飲んだ方がいいようです。

では、ベジママをいつ飲むのがいいのか?

たとえば、朝起きたら1粒、朝食後1粒、昼食後1粒、夕食後1粒といった飲み方をおすすめします。

食後の吸収しやすいタイミングで飲むのもいいかと思います。

ベジママ 飲む時間に関しては、特に気にする必要はありません。

また、水やお湯と一緒に飲むようにしましょう。

コーヒーなど、カフェインが入っているものと一緒に飲むのは避けた方がいいでしょう。

野菜で女性を幸せにする!新妊活サプリメント「ベジママ」公式サイトはこちら >>

ベジママ 効果的な飲み方

ベジママの効果的な飲み方といっても、前項でお話したように、ベジママの飲み方って特にありません。

強いて言うなら、ベジママはサプリなので薬や漢方などと一緒に飲めます。

ですから、クロミッドや排卵誘発剤の補助食品として一緒に飲むのもいいかと思います。

 

ベジママ 妊娠超初期の飲み方

妊娠超初期は、胃がもたれ、吐いたり、ある種のにおいに敏感になって、胸がムカムカするこがあります。

ベジママは、野菜特有のニオイや苦い味がするので、妊娠超初期に飲み辛くなるでしょう。

あまり無理してベジママを飲む必要もなく、飲み辛い場合は飲む量を減らしましょう。

ベジママは薬じゃありません。あくまで補助食品です。

無理にい飲まなくても問題ありません。

ベジママ 産後の飲み方

ベジママを産後に飲むのは、葉酸が配合されているからです。

葉酸は、母乳の原料である、血液を作る脊髄をサポートします。

母乳をたくさん出すためにもお母さんがしっかり葉酸を摂ることが大切なのです。

また、2人目の準備としてもみ続けている方も多いようです。

ベジママ 体外受精

あるブログに、体外受精の体験談が書かれた記事があり、その内容を見ると、不妊治療時にサプリを飲んでいいのか医師に相談した内容でした。

医師の回答は「不妊治療中のサプリは問題ないとのこと」また「葉酸は積極的に取り入れると良い」とのことだそうです。

ですから、不妊治療の体外受精にも、葉酸サプリのベジママを積極的に取り入れるのは良いようです。




このページの先頭へ