妊活の女性には必須の葉酸はもちろん!ビタミンEにビタミンC。ビタミンB群やルイボスを配合。

そこに、今まで妊活サプリには配合されてこなかった「ピニトール」という成分をプラスしたことで、1年間で1,600件の感動の声が…。

では、その実力は如何に!

公式サイトでは「飲んで半年で!妊活サプリはどれも同じじゃないですよね」って言わせるほどの実力派・妊活サプリの決定版!!

野菜で女性を幸せにする!新妊活サプリメント「ベジママ」公式サイトはこちら >>

そこで、本当に「ベジママ」でママ活を卒業できるのか?

また、飲んで半年で…!

「ベジママ」の効果を検証しましたのでお話します。

 

<目次>
1.ベジママ 妊活 効果について!

2.ベジママ 効果 なしの真相とは?

3.ベジママ 生理不順は解消できるのか?

4.ベジママ 男性でも効果を発揮できるのか?

ベジママ 妊活 効果について!

なぜ、ベジママは妊活に効果があるといわれているのでしょか?

現にマカサプリや葉酸サプリを飲んでおられる方も多いでしょう。

しかし、全然効果が実感できないと悩んでいる方も多くおられます。

そんな方も含めて、妊活におすすめできるのがベジママです。

マカや葉酸だけでは健康的なママへ導くことができなかったことが、植物由来の新成分ピニトールを加えることで、ママになる準備ができる体へと変わっていくのです。

実績もすごく、毎年1,600件以上もの喜びの声が届いているようで「飲んで半年で!」という声もたくさん聴かれるようです。

野菜で女性を幸せにする!新妊活サプリメント「ベジママ」公式サイトはこちら >>

では次の項で、妊娠の効果についてお話します。

ベジママ 妊娠 効果について

妊娠は、いろんな条件が当てはまって初めて実を結ぶもので、自然にできる人もいれば、体のケアをしないと無理な方もおられます。

また、妊娠しやすい体にしておくことで、赤ちゃんができやすい条件が整いやすくなるのです。

ベジママはまさしく、その妊娠しやすい体づくりに適したサプリメントなのです。

ではなぜ、妊娠しやすい体になるのか?

それはベジママに配合されている成分にあります。

ベジママ独自の成分ピニトールや厚生労働省が推奨している葉酸400ug配合に加え、妊娠ができやすい体づくりに最適な成分がふんだんに配合されているからです。

ではベジママに含まれている成分についてお話します。

ベジママ 全成分

ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、バントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

ベジママ 主成分の効能

ベジママには、マカ、たんぽぽエキスは含まれていませんが、上記に書かれている全成分をみていただくと、妊活に有効なビタミンEにビタミンC、ビタミンB群やルイボスなどが配合されており、さらに、今まで妊活サプリには配合されてこなかった「ピニトール」という成分をプラスされているのです。

では、ベジママに配合されている主成分について詳しく説明します。

ピニトール

日本では馴染みのない成分ですが、アメリカでは多嚢胞性卵巣症候群を治療するためによく使用されている成分です。

摂取目安は1日当たり180㎎~1200㎎といわれていますが、ベジママに含まれているピニトールの量は1日当たり260㎎です。

また、ピニトールは妊娠糖尿病の予防にも効果があるそうです。

葉酸

葉酸は、妊活に必要な栄養素として厚生労働省が推奨しております。

葉酸の中にも、天然葉酸と呼ばれる「ポリグルタミン酸型」と、合成葉酸と呼ばれる「モノグルタミン酸型」の2種類に分けられており、厚生労働省が推奨しているのが合成葉酸で、1日の摂取量は400ugとされています。。

ベジママが使用しているのが合成葉酸で、ベジママの1日の葉酸量は400ugとなっていますので、厚生労働省が推奨する内容に適応しているのです。

余談ですが、葉酸は新陳代謝を活発にさせるので、代謝が上がり、運動によるダイエット効果をアップさせるだけでなく、筋肉のパフォーマンス向上やダイエット中に起こりやすい頭痛やめまい、ストレスを軽減してくれます。

ルイボス

ルイボスには、カリウム・マグネシウム・亜鉛・リン・ポリフェノールなどの妊活や妊娠中に大切とされる栄養素が豊富に含まれています。

また、妊娠中の飲み物としても注目されているルイボスティーは、活性酸素を抑制するSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様酵素が含まれていることで話題になりました。

ベジママの特徴

妊活サプリにはそれぞれの特徴があります。

ベジママにも、他商品にないピニトールという成分が配合されています。

妊活には有効な成分といわれていますが、実際どんな症状の方に効果を発揮するのでしょうか。

ピニトール成分が効果を発揮する症状についてお話します。

ベジママ 多嚢胞性卵巣症候群 効果

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、卵巣で男性ホルモンがたくさん作られてしまうせいで、排卵しにくくなる疾患で、女性の20〜30人に1人の割合でみられます。

排卵されない(無排卵)卵胞は卵巣にとどまるため、超音波検査でみると、たくさんの卵胞(嚢胞)を認めることから多嚢胞性卵巣と呼ばれます。

(引用→多嚢胞性卵巣症候群)

ベジママに配合されているピニトールは、多嚢胞性卵巣症候群の改善に有効とされています。

ベジママの口コミにも、多嚢胞でお悩みの方からの喜びのコメントがされていました。

また、血糖値の上昇を抑制して冷え性を改善するなど、女性特有のマイナートラブルに効果が期待できます。

ベジママ 不妊治療について

不妊治療には、タイミング法、排卵誘発法、人工授精、そして体外受精などの生殖補助医療があり、順番にステップアップして行われることが多いです。

まず、最初に行うタイミング法は、排卵日の2日前から排卵日までに性交渉があると妊娠しやすいと言われています。

排卵日を知るには、基礎体温をつけることです。

毎日つけることで、排卵しているかどうかや排卵日がいつかをだいたい推測できるようになり、妊娠可能なタイミングが見えてきます。

その妊娠しやすい期間にタイミングを合わせて、妊娠しやすい体づくりを行なっておけば、高い確率で受精し着床するのです。

妊娠しやすい体づくりをするために有効なのがベジママなのです。

野菜で女性を幸せにする!新妊活サプリメント「ベジママ」公式サイトはこちら >>

ベジママ 効果なしの真相とは?

ベジママの口コミで「ベジママは効果ない」との書き込みを見かけますが、あれって本当なのでしょうか?

中にはステマ的な書き込みをありますが、実際使用して効果を実感できなかった方もおられます。

ではなぜ、効果を実感できなかったのでしょうか?

一番多いのが、使用期間が短いことでしょう。

価格的にも、それほど安いものではないので、家計的に継続ができない方もおられますが、多くの方は飲み忘れか、諦めがほとんどでしょう。

しかし、妊活は継続が大切です。

諦めればそこで終わりです。

では、ベジママ デメリットとはなんでしょか?

次の項でお話します。

ベジママ デメリットとは

ベジママ デメリットって何でしょう。

デメリットっていえるかどうかわかりませんが、ベジママの成分にはマカ、たんぽぽエキスやカルシウム&鉄が入っていないません。

じゃ~効かないの?

販売元の見解では、マカ、たんぽぽエキスは、他の成分で代用しており、、カルシウム&鉄については、食事での栄養補給で十分足りるということだそうです。

しかしベジママは、女性ホルモンバランスを整えて、生理不順を改善、活性酸素を除去して、卵子を若々しく保ってくれるビタミンEが入っています。

また、プロゲストロンを増加してくれるビタミンB6も配合しており、ベジママに配合されている成分については、他の商品と引けを取らないおすすめの商品です

 

ベジママ 生理不順は解消できるのか?

ベジママの口コミで「ベジママを飲んで生理痛が解消できた」などの書き込みを見ます。

理由は何でしょうか?

ベジママには、ピニトールという成分があり、その成分が排卵障害を改善する効果があるので、その効果で生理周期や基礎体温が整い、生理中などの生理痛を和らげてくれるのだと考えられます。

初回特別50%OFFキャンペーン!「ベジママ」定期コース 購入はこちら >>

ベジママ 男性でも効果を発揮できるのか?

旦那にベジママを飲まして効果あるの?

そんな声を聞きますが、果たしてどうでしょう。

公式サイトには、男性や夫に飲むと効果ありといった文言はありません。

配合されている成分をみると、ビタミンE・ピニトール・ルイボスには、男性にも有効な成分ですが、全体からみると、あまり効果を期待できないようです。




このページの先頭へ